お知らせ

月別アーカイブ : 2018年7月

東京メトロ×東京大学生産技術研究所 鉄道ワークショップ2018 ~電車が『走る』しくみを科学しよう~ 高校生クラス

更新日:2018.07.31

次世代育成オフィス(ONG)では、2013年度より東京地下鉄株式会社(東京メトロ)と連携、2017年度からは共同研究契約を締結したうえ、共同研究の一環として、中学生・高校生を対象とした「鉄道ワークショップ」を開催しています。これまでに「車輪」「鉄道電気」「電車モーター」「防災」をテーマに、中学・高校の夏休み期間を利用し、ワークショップを開催してきました。6回目となる今回は、「車輪・台車」をテーマとして「電車が『走る』しくみを科学しよう」を開催しました。

丸1日間の講座となっており、午前は、東京メトロの綾瀬車両基地において、グループワークと地下鉄車両の整備、点検作業の見学、午後は、本学柏キャンパス内の附属千葉実験所に場所を移して、機械・生体系部門の須田義大教授、ONGの川越講師の下、車輪の曲がるしくみ、操舵台車のしくみについて模型を用いた実験、講義を行うとともに、科学技術と社会とのつながりについての講義を行いました。講義後には、所内にある東京メトロより寄贈された銀座線01系、実験フィールドの見学を行いました。東京メトロ、本所とも、本ワークショップでは初めて使用する施設での開催となり、7月26日(木)の中学生クラス、同31日(火)の高校生クラスに合わせて50名が参加しました。

中学生、高校生の参加者とも鉄道に関する知識が大変豊富で、また鉄道への関心が非常に高く、午前の車両基地見学では細部に至るまで写真を撮るなど、熱心に見学していました。午後の講義では、車輪・台車模型を使って何度も実験するなど、積極的に参加している様子が印象的でした。ワークショップ終了後の交流会では、参加者同士が情報交換を行うなど、大変に盛り上がりました。

地下鉄車両を間近に説明を聞く高校生

須田義大先生の講義を熱心に聞く高校生

 

東京メトロ×東京大学生産技術研究所 鉄道ワークショップ2018 ~電車が『走る』しくみを科学しよう~ 中学生クラス

更新日:2018.07.26

次世代育成オフィス(ONG)では、2013年度より東京地下鉄株式会社(東京メトロ)と連携、2017年度からは共同研究契約を締結したうえ、共同研究の一環として、中学生・高校生を対象とした「鉄道ワークショップ」を開催しています。これまでに「車輪」「鉄道電気」「電車モーター」「防災」をテーマに、中学・高校の夏休み期間を利用し、ワークショップを開催してきました。6回目となる今回は、「車輪・台車」をテーマとして「電車が『走る』しくみを科学しよう」を開催しました。

丸1日間の講座となっており、午前は、東京メトロの綾瀬車両基地において、グループワークと地下鉄車両の整備、点検作業の見学、午後は、本学柏キャンパス内の附属千葉実験所に場所を移して、機械・生体系部門の須田義大教授、ONGの川越講師の下、車輪の曲がるしくみ、操舵台車のしくみについて模型を用いた実験、講義を行うとともに、科学技術と社会とのつながりについての講義を行いました。講義後には、所内にある東京メトロより寄贈された銀座線01系、実験フィールドの見学を行いました。東京メトロ、本所とも、本ワークショップでは初めて使用する施設での開催となり、7月26日(木)の中学生クラス、同31日(火)の高校生クラスに合わせて50名が参加しました。

中学生、高校生の参加者とも鉄道に関する知識が大変豊富で、また鉄道への関心が非常に高く、午前の車両基地見学では細部に至るまで写真を撮るなど、熱心に見学していました。午後の講義では、車輪・台車模型を使って何度も実験するなど、積極的に参加している様子が印象的でした。ワークショップ終了後の交流会では、参加者同士が情報交換を行うなど、大変に盛り上がりました。

台車のしくみについて説明を受ける中学生

車輪模型を用いて実験を行う中学生

銀座線01系を前に説明を聞く中学生

 

海中ロボット

更新日:2018.07.17

巻先生より、日本および世界で利用されている「海中ロボット」をテーマとした講義が行われました。

講義の前半は、なぜ海中ロボットが必要とされているのか、具体的にどんな技術が利用されており、どのような課題が残されているのか、今後の展望等についての説明がありました。

講義の後半は、研究室を見学し、講義で取り扱ったロボットを実際に水中で動かすデモンストレーションが行われました。

中学生・高校生には多少難しい講義内容だったようですが、実際にロボットが水中で動作することは面白く、生徒たちの関心を引いていたようで、最後には質疑応答も活発に行われました。

巻先生より、日本および世界で利用されている「海中ロボット」をテーマとした講義が行われました。

講義の前半は、なぜ海中ロボットが必要とされているのか、具体的にどんな技術が利用されており、どのような課題が残されているのか、今後の展望等についての説明がありました。

講義の後半は、研究室を見学し、講義で取り扱ったロボットを実際に水中で動かすデモンストレーションが行われました。

中学生・高校生には多少難しい講義内容だったようですが、実際にロボットが水中で動作することは面白く、生徒たちの関心を引いていたようで、最後には質疑応答も活発に行われました。

巻先生による講義

海中ロボットを用いたデモンストレーション見学

 

研究活動とは? ~課題設定から研究遂行・成果発表まで~

更新日:2018.07.12

北澤先生より、研究を行ううえで必要となる手順や、意識すべきことについて、講義が行われました。
研究活動のPDCAである、仮説の構築(P)、検証(D)、評価(C)、改善・発表(A)のそれぞれのステップにおいて意識すべきことを、自身の研究室の研究テーマの1つである、WHzerの研究を例に挙げながら、高校生にも理解しやすいようにかみ砕いて説明されました。

また、研究倫理についての話にも触れて、研究活動の基礎となる心構えを一通り網羅した講義となりました。

生徒たちは課題研究を行っていくうえでの研究について具体的なイメージを掴もうと、熱心に耳を傾けて、講義に参加していました。

北澤先生より、研究を行ううえで必要となる手順や、意識すべきことについて、講義が行われました。
研究活動のPDCAである、仮説の構築(P)、検証(D)、評価(C)、改善・発表(A)のそれぞれのステップにおいて意識すべきことを、自身の研究室の研究テーマの1つである、WHzerの研究を例に挙げながら、高校生にも理解しやすいようにかみ砕いて説明されました。

また、研究倫理についての話にも触れて、研究活動の基礎となる心構えを一通り網羅した講義となりました。

生徒たちは課題研究を行っていくうえでの研究について具体的なイメージを掴もうと、熱心に耳を傾けて、講義に参加していました。

自身の研究を例に研究活動について説明する北澤先生

 

最近の投稿

カテゴリー

月間アーカイブ